独学練習6ヶ月間で『ゴルフ100切り』を達成した練習方法やコツを伝授!

ゴルフ「100切り」は、アマチュアゴルファーにとって一つの大きな目標ではないでしょうか。

まるっちょ
ゴルフを始めてから半年間の独学練習で「100切り」を達成した私のメソッドを元に、効率よくうまくなるための練習方法や100切りを達成するためのコツを紹介します。

⚪︎100切り達成までの期間と割合

⚪︎筆者の過程

⚪︎100切りのための練習方法・心構え

⚪︎100切りへの近道

ゴルフの「100切り」って難しいの?

ゴルフの100切りとは、ゴルフコースを99回以下(99打以下)で回ることを意味します。ゴルフを始めたばかりの初心者・アマチュアゴルファーにとって最初の壁とも言われるほど、簡単なことではありません。ラウンドへ行く回数が多ければ達成の確率は高くなりますが、お金もかかりますし時間にも投資しなければなりません。初心者ですとドライバーのOBやアイアンでミスショットしたりバンカーから抜け出せないなんてこともザラにあります。手にしているゴルフクラブの一つ一つの技術を上げなければ100切り達成は難しいと言えるでしょう。

100切り達成までの期間

一般的には100切り達成には「3年程度」と言われています。練習場へ通い、ラウンドに行き、また練習…これを3年程度続けることで100切りが見えてきます。中には10年経っても達成できない人もいます。

100切り達成者の割合

一般的にはゴルフ人口の約70%の方が100を切れていないというデータが出ています。3割の人しか100を切れていないと思うと100切りが難しいというのも納得できますよね。さらに、女性ゴルファーに限るともっと割合は低くなります。

筆者100切りまでの過程

私の「ゴルフ100切り」までの過程を少しご紹介します。

練習場へ

友人からの誘いがきっかけでした。そして初めて手にしたゴルフクラブは祖父のもの(100切りは祖父のクラブで達成しました)。グニャグニャカーボンのドライバーとアイアン、年季の入ったパターでしたが、これでも買い揃えるよりマシかと思いながら練習してみました。週1回、練習場で約200球打ち込みました。※最初から道具を揃える方は、ゴルフショップなどへ行き自分にあったゴルフクラブを提案してもらうことがオススメです!

ラウンドへ

練習し始めてから2ヶ月ほどで初めてのラウンドへ。それから練習とラウンドを繰り返し6回目のラウンドで100切りを達成しました。

※1回目〜6回目までのまとめ。

前半 putt 後半 putt 合計(回数) (putt)
①6/21 66 33 56 27 122 60
②7/21 54 26 56 26 110 52
③7/25 57 24 52 16 109 40
④8/15 53 21 53 20 106 41
⑤8/20 50 16 51 18 101 34
⑥8/27 47 18 49 19 96 37

100切りのための練習

実際の体験を踏まえて「100切りのための練習」やコツを紹介します。

余計な道具や知識はいらない

「100切り」にあたって必要な道具はドライバー・アイアン1本(7番とか)・アプローチ1本・パターの4か5種類ぐらいだと多くの人が述べていますが、実際にラウンドで5本だけで回るというのは難しいです。正直7番アイアン1本だけで回れるなんて言う人は既に100切り達成した人やよほどセンスのある人の意見だと思います。なので最初は自分の持つクラブを全部練習することをオススメします。ただ、初心者の方であればゴルフクラブを持っていない方もいると思います。そういった方は無理に最新のクラブを揃えたりする必要はありません。「100切り」に対しては道具に差がないからです。オークションやフリマサイトなどで探せば1万円代でフルセットを購入できます。私みたいに祖父から古いクラブセットを譲り受けたという方も新しいものに変える必要はないです。むしろ古いクラブで経験を積み、技術を手にした方が成長スピードは明らかに速いと思います!加えて初心者の方に限っての話になりますが、ラウンド未経験の方やまだしっくりくる握り方やスイングが身につかないうちはゴルフ知識は覚えなくていいと思います。YouTubeや本で知識を覚えようとしがちですが、それはもう一歩先のレベルの話だと思ってください。とにかく振り込んで感覚を磨いていきましょう!

スイングを覚える

とにかく振りましょう!打ちこみましょう!ミスしたら何が悪いのか自分なりの答えを出せるまで打ちましょう。そうして前にまっすぐに飛ぶスイングを形に拘らずに身に覚え込ませましょう。どれだけ飛んだとかそんなことは考えずにとにかくスイングを覚えてください。

初心者はハーフスイングが全て

「ハーフスイング」はゴルフショットにおける全てだと考えています。腰〜腰・肩〜肩の幅で繰り返し練習します。注意してほしいのはその振幅の中で100%で振ることです。加えてその振幅での飛距離を安定させることです。この練習は難しいですが、絶対にコースでも生きてきます。

ドライバー練習も必要

ドライバーは場面にもよりますが10回程度は使いますね。一番距離を稼げるクラブなので練習はマストです。一番飛ぶと言うことは一番狙い通りに打つのが難しいと言うことでもあります。初心者の方だとドライバーが打てるようになるのに苦労する方が多い印象です。練習場では自分のMAX飛ぶ距離からマイナス30ydぐらい飛ばすスイングを覚えるとコースで打てるようになりますよ(MAXが230ydなら200ydぐらいを打つスイングを覚える)。

アプローチ練習は入念に

アプローチ練習は非常に地味ですが、グリーン周りのスコアを縮めることは大変重要です。10yd、20yd、30ydといろんな打ち方で練習しておくとコースで役立ちます。練習場では最初と最後にしっかりアプローチ練習をしましょう。アプローチ技術向上とパターの安定だけで「100切り」はグッと近づいてきます。

関連記事

ゴルフ練習場で何をすれば上手くなるの? 最近ゴルフを始めたばかりの方の悩みに応えたいと思います。 ゴルフをはじめて半年間独学の練習で「100切り」を達成した筆者本人が実際に行っていた「100切りのための練習ルーテ[…]

ラウンドに出てみよう

練習場は練習でしかない

練習場でやってきたことはラウンドではできません。人工芝のマットと本物の芝は全然違います。また傾斜もあります。まずはショートコースやハーフプレーでいいのでラウンドに行ってみましょう。違いにビックリするはずです。

初心者はバンカーやパターをやった分だけ上手くなる

バンカーからの脱出・パターでラインを読むなんて初心者の方にとっては未知の世界ですよね。実際私もそうでした(初ラウンドで60putt…)。始めてバンカーに入ったときは訳わからず3回も打ちました。しかし、バンカーはどれだけ入れたかどれだけ脱出してきたかだと思います。経験がそのままスキルとなります。

メンタルブレイクは成長の証

「ゴルフとは心のスポーツだ」と言います。まさにその通りです。すぐに心が折れます。調子がいいと割と上手く行きます。心が折れるからこそ成長できるんです。その時は「くそっ」と思っても終わってスコアを確認したら「そんなに悪くないじゃん」なんてこともよくあります。むしろ心が折れて切り替えられた時はいいスコアが出たりもします。初心者のみなさんどんどんメンタルブレイクしましょう。そして打ち勝ちましょう!

100切りへの近道

パッティング回数はスコアに直結

パッティング回数を減らすことが「100切り」への近道です。1mのパッティングもドライバーで250ydを打つことも同じ「1打」に変わらないからです。とはいっても初心者の方にグリーンの傾斜や速さを読めと行ってもできません。なのでできるだけ3パットを打たないように心がけるようにしましょう。私は「悪くてもその位置に打てれば次で決まる」を目標に大きなカップをイメージして打っています。パターは練習するのが難しいので、練習器具などを購入して自宅で毎日コツコツ感覚を養うようにしましょう!


18H通し切るメンタル

悪い内容のホールもあれば良い内容のホールもあります。切り替えが非常に大事です。全ホールダブルボギーでも108で回れるのでまずはそこを目指しましょう。あと、私が一番大切にしている心構えは、「最悪のイメージを2つ作らない」ことです。例えば(ここは右に行ったら次打ちづらくなるけど左のバンカーに入るのも嫌だから、、とりあえずまっすぐ狙ってみるか)といったパターンは最悪なイメージが2つ存在しています。こんな時(右に行くと次打ちづらくなるから左方向で打っていくか。バンカーに入ってしまっても狙い通りの方向にいってるから仕方ない)と構えるのが重要です。

体験でもいいからレッスンを受けてみよう

初心者こそレッスンを受けましょう。私は始めた頃にレッスンを受けていません。正直後悔しています。絶対レッスンを受けた方が成長します。最近では体験レッスン2,000円ほどで行っている練習場もあるので一度足を運んでみてください。

最近では、オンラインでのレッスンも流行っていますよ!



「100切り」達成した方へ

最後に、最近「100切り」達成した方はこちらの本を読んでみるとさらにレベルアップできると思います。私自身「100切り」達成後にこの本から学んで飛距離や正確性が増しました。

菅原大地さんの説明はとてもわかりやすいです。YouTubeもやられています。



最後まで読んでいただきありがとうございました。少しでも参考になれれば幸いです。